借りやすい金融会社

チェック

借りやすい消費者金融

キャッシングをする前に、少しでも有利な条件で借りれる融資先を、時間をかけて探すことが先決です。

有利な条件で借りるための法則

  • 毎月決まった定収があって尚且つ今現在の借り入れがゼロの方は、どの金融業者であっても審査に通りますので、一番利息の低い大手銀行系カードローンを選びましょう。
  • 複数の借り入れがある方は、業者によって審査に通らない場合がありますので、事前に借り入れる可能性の高い消費者金融を調べてから申し込むようにしましょう。
  • 借り入れ審査に自信のない方やどの業者がいいか分からない方などは、複数の金融会社から最適な融資先を選べる事前審査サイトなどがおすすめです。

確実にキャッシングをするためには

生活を営む上でどうしてもお金が必要なシーンに遭遇することがあります。豊富な預金でもあればそういったシーンに遭遇してもやり過ごすことも可能ですが、大多数の人は余分な預金など皆無に等しいのが現実なのです。そういった苦境を一時的に凌ぐためにも、確実にお金が借りられる金融会社が必要になってきます。

新規借り入れ借金返済債務整理

今現在借金のある方は、上記の三点から解決策を講じなければなりません。一番良い方法は無利息で貸してくれそうな親知人を頼ることですが、お金の貸し借りは親兄弟といえどもそう易々とはいかないのが現実です。

また、絶対に金融会社から借りれない、審査に通らないという人もいます。もしも以下の項目に一つでも該当するというのであれば、貸金業者からの借り入れは諦めたほうが無難です。

  • 毎月の収入がない無職者
  • 現住所がない住所不定者
  • 過去五年以内に自己破産をしているブラックリスト該当者
  • 現在他社からの借り入れ件数が複数ある多重債務者(債務の量にもよる)

上記の項目以外にも借り入れ審査に通らない理由項目は存在しますが、主な理由項目は上記の4点になります。その中の多重債務者については、借り入れ状況にもよりますが他社からの借り入れが4件以上ある方は要注意と考えたほうがいいでしょう。

また、借り入れ総額が年収の三分の一以上ある方についても、総量規制に引っ掛かりますので審査に通ることはありません。

複数の金融会社から自分の条件に合致した融資先を探しましょう

低金利で選ぶなら大手銀行系カードローン、審査に甘さで選ぶなら中堅中小の消費者金融がおすすめです。女性の方はレディース特典のあるレディースローンを選びましょう。

0有利な条件で借りれる金融検索ははこちら

金融会社を大きく分類すると、「大手」「中堅」「中小」に分けることができます。大手とは、その名の通り大資本の貸金業者のことで、かつては上場企業の「アコム」「プロミス」「アイフル」などを指していましたが、今では銀行メガバンク傘下のカードローンを指します。

個人向けのフリーローンでは一番金利が低いのが特徴で、全国の銀行やコンビニのATMが利用できる利便性も高いことから、借り入れ条件の最も高い金融業者と考えてよいでしょう。審査に通るのであれば、迷わず大手カードローンで借りたいとは誰しも考えるはずです。

大手よりも条件が若干低くなるのが中堅中小の消費者金融です。特徴として大手ほど金利は低くありませんが、借り入れ審査については柔軟対応が期待できます。いわゆる審査が甘いということです。といっても極度の多重債務者や信用情報機関のブラックリストに登録されているような方では利用不可となります。あくまでも支払い能力があると判断された方が対象となります。

0多重債務に陥ってしまう理由

債務整理とは借金によって生活が出来なくなっている多重債務者を救済する法律のことです。債務整理の申し立てによって裁判所から免責決定が下されると、多重債務者は今現在ある借金をクリアすることになり借金地獄から抜け出すことが可能になります。

ただ、多重債務者にも借金が増えてしまった理由が存在するはずで、今後の生活を考える上で蔑ろにはできません。もしもギャンブルや豪遊などの理由で多重債務に陥ったというのであれば言語道断で、たとえ債務整理で借金がクリアになったとしても、同じ過ちを繰り返すことになるでしょう。

しかし大部分の多重債務者は、生活苦や低所得などが理由でお金を借りている場合が多く、いわゆる生活費を金融会社からの借り入れで賄っていたことになります。したがってそういった生活環境を改めない限り、今度も同じ状況に陥ってしまうことは火を見るよりも明らかで、出費を控えるか収入を増やすことを考える必要があります。

大手カードローンのメリット中堅消費者金融のメリット中小消費者金融のメリット

自己破産は10年に一回しか使えません

借金をチャラにしてしまうのが自己破産という制度ですが、そういった行為は何度も使えるものではありません。原則として一度適用されると、今後10年間は使えないというのが規則で決まっています。一度自己破産をすると今後10年間は同じ手は使えないということです。

自己破産によって免責決定が下されると官報に公示され、広告のあった日から二週間で確定することになります。免責が決定すると、復権によって破産宣告がなかった以前の状況に戻ることになって、一切の借金の支払い義務は免除されることとなります。

こういった行為をたびたび利用されたら社会秩序は崩壊し混乱をきたすことになってしまいます。したがって10年に一回しか受けれないように法律で決まっているのです。

9月 19, 2019 08.19.32

当サイトの利用規約