違法業者

チェック

闇金融への支払い義務は一切なし

貸金業を営むには、まず管轄の都道府県知事が認可する貸金業登録をしなければいけないのと、貸金業法に沿った融資業務を行わねばなりません。もしも登録義務を怠って営業をしていれば、その時点でその業者は違法業者となり重い罰則に処せられます。

一昔前にはそんな違法業者の闇金融が堂々と街中の店舗で営業をしていましたが、規制法の改正で罰則が厳しくなったことでかなり減少したようです。しかし、中には地下深く潜航して細々と営業をしていると聞きますので、油断は禁物です。

違法業者かどうかの確認

違法業者がどうか不安のある方は、まずは貸金業登録業者がどうかを確認してみましょう。店舗であれば入り口の見えやすい箇所に貸金業登録番号の設置が義務つけられていますし、広告にも登録番号の記載が義務つけられています。もしも登録番号の提示がなければ、違法業者である可能性が高いので、ご利用は回避されたほうがいいかもしれません。

もしも違法業者から金銭を賃借してるようならば、その金銭には法律上支払う義務がないことを承知しておきましょう。支払わないと公言すれば、とたんにガラの悪い取り立て屋が押し込んでくると思いますが、その場合はすぐに警察に通報することで対処が可能です。

すでに支払いを済ませている方であっても、不当利得返還請求の通知書を発送することで、違法業者から返済した金銭を請求することも可能です。もっとも、違法業者がそのような返還請求に応じるとは思いえませんが。

全国支店

違法業者への対抗策

違法業者への対抗策とすれば、「預金口座の不正利用に関する情報提供シート」を作って金融庁や銀行に発送すれば、該当の銀行口座は凍結され、口座に現金が残っていれば手続きを踏むことによって被害者として分配金として受け取ることも可能です。

また、090金融のような携帯電話を代表電話に指定している違法業者の場合でも、携帯電話不正利用防止法に違反している旨を携帯電話会社に通報すれば、利用停止にすることも可能です。

当サイトの利用規約